足の脱毛におすすめの医療レーザー脱毛ランキング

足の脱毛に人気の医療レーザー脱毛とは

 

ひざ上、下の脱毛はどうするの?

 

夏になれば足を露出することも多くなります。しかしムダ毛の処理を忘れてしまっていたらせっかくオシャレしても、気分は最悪で、一刻も早く家に帰りたくもなるものですね。

 

足の毛は長年剃られている毛ですので、太く濃くなっている方も多い悩みのポイントですね。とくにひざ下は男性でも剃っている方も多いようです。また、自己処理によって肌が黒ずんでしまったり、乾燥して魚のウロコみたいになってしまっている方も多いです。

 

こういったことを避ける為にはエステサロンなどで綺麗に脱毛してもらうのが一番ですが、ワキや腕に比べても足の脱毛は高額です。それだけ面積が広いからです。ほとんどのサロンではひざ上とひざ下に脱毛メニューを分けていますので、とりあえずひざ下だけサロンでやってもらう方も多いようです。

 

ここの毛を自分で処理するには脱毛ワックスやシェーバーを使う方も多いでしょう。毛抜きという方もいますが、面積がひろいので結構な労力を費やし、首が痛くなるくらいまでねばらなければ全部は剃れないでしょう。また、凸凹も多く、剃り残しも結構多く発生します。

 

特にひざのてっぺん周辺やふくらはぎなどに剃り残しが多く、見つけてしまった時のショックといえばこの上ありません。

 

サロンに行かずに足の脱毛を綺麗にやりたいのであれば、家庭用脱毛器を使用する事をおすすめします。エステサロンと同様の脱毛効果が期待でき、エステに行くよりもよっぽど安く済みます。

 

妊娠中の脱毛は可能かどうか

 

妊娠中は、エステサロンでの脱毛の施術は断られることがあります。エステサロンではレーザーや光による脱毛を行っているのですが、これが胎児や子宮に悪影響を与えるのでしょうか?いえ、違います。

 

レーザーや光は胎児や子宮に悪影響を与えるものではありません。ではどうして断られるのかというと、その脱毛による刺激がよくないとされているからです。

 

脱毛の際には、痛いとまではいかなくても刺激を感じます。この刺激が陣痛を誘発してしまったり、痛みによるストレスが母体に悪影響を与えてしまう可能性があります。

 

もしそうなって容態が悪くなってしまっても、エステサロンは病院ではないのでトラブルに対応できないのです。こういった事態になってしまっては大変ですので、大事をとって妊婦さんはお断りさせて頂きます、という方針を作っているのですね。

 

妊婦さんからしてみれば、そんなに痛くない場所だし大丈夫なのに、と思うかもしれませんが、ただでさえ何が起こってもおかしくありません。大事をとって、脱毛は子供が生まれてからにしましょう。

 

また、妊娠初期でも同じことです。基本的に妊娠中は初期であれ安定期であれ、できるだけ安静にしておくほうがいいでしょう。もしまだ結婚していないのであれば、今のうちに脱毛も済ませておくほうがいいでしょう。また、妊娠中のムダ毛の処理は電気シェーバーなどを使用して、できるだけ肌への負担もかけないようにするほうがいいでしょう。

更新履歴

  • (2015/06/25)LAVIEを更新しました
メニュー
LAVIE
最新記事
LAVIE